味方の選手を活かす気遣いも攻撃には必要

スポーツといえども、日常生活と同様「気を利かせる」ということがチームにとって大事となる場面が往々にして起こるものです。たとえば、フットサルで攻撃力のある味方選手がボールをもったときは、他の選手はその選手が自由に動けるようスペースを空けてあげる、というのも一種の気を利かせたプレーといえるでしょう。

このようなシーンは、ゲームのいたる所で起こり、それも攻撃の時に限らず守備でも同様で、守備で言えばカバーリングがある意味では味方が気を利かせて行っている自然なプレーです。敢えてしないことが、積極的にすることより大切となる場面でその雰囲気を察する気遣いは、スポーツにも求められる大事な資質と言っていいでしょう。

その状況に応じ、自分が何をするのがチームにとって一番有効なのかを常に選手一人一人が考えているチームが、本当に実力あるチームなのかもしれません。

Related Articles

0 Comment