未然に防ぐ故障やケガ

バスケットボール、サッカー、フットサル、たぐびー、ハンドボールなど、チームで行う球技は人との接触プレーが多い分、ケガには十分に注意をしなくてはならないスポーツです。

スポーツの種目やポジショニングによってもケガの多さは異なってくるでしょう。ケガを予防するためには、その対策として同じ種目の選手たちのケガを知ることもや移設な知識となるでしょう。

あらかじめ同種目における選手たちのケガの程度や身体部位を知っておくことで、テーピングなどでケガを予防する対策が練られるからです。テーピングは、ケガををしてしまってから施すものであるという考えやイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ケガや故障をしていなくとも、未然にケガを予防する意味でのテーピングを行うこともあるのです。

また、通常の練習ではテーピングなどは行わないけれど、自分自身の体調や関節の動き具合を感じとった上で、自分自身のコンディションに合わせたテーピングを行う選手たちもいます。

一度でも大きなケガをしてしまうと、全身の身体バランスを崩してしまったり、同じ部位のケガを起こしやすくする可能性も高まります。

スポーツにケガはつきものですが、不要意にケガをすることはせっかくの楽しい時間を台無しにしてしまいますので、未然に防ぐことのできる故障もあることを知識として学んでおきましょう。

Related Articles

0 Comment