フットサルとサッカーの違い

フットサルの競技人数は5人(サッカーは11人。以降、括弧書きはサッカーの場合)です。また競技時間は20分(45分)ハーフで、ピッチサイズは38~42m×18m~25m(105m×68m)です。さらにゴールサイズは、2m×3m(2.44m×7.32m)であり、ボールの大きさは、4号球のローバウンド(13歳以上で5号球)です。シューズはフットサルシューズ(スパイクシューズ)を使います。交代は自由で交代要員は7人まで(3人まで)です。タイムアウトは各チーム前後半1回ずつで1分間(なし)で、オフサイドは、無し(有り)です。退場は、2分後に補充可能で被ゴール時は即補充可能(補充なし)です。
ボールが、ゴールラインを割った時、守備側のボールであれば「ゴールクリアランス(ゴールキック)、攻撃側のボールであればいずれも「コーナーキック」、タッチラインを割った時は、「キックイン(スローイン)」と呼びます。ポジション名では、「ゴレイロ (ゴールキーパー)」の他、サッカーにはない特有の呼び名があります。「アラ」は、サイドに位置するポジションで、選手によってタイプは様々ですが、運動量と攻守の切り替えの早さは不可欠です。ドリブル突破やスペースへの飛び出しでゴールを狙います。「フィクソ」は、最後尾に位置し、ディフェンスが主たる役目ですが、ゲームをコントロールする役目も求められ、チームのパス回しの中心となります。「ピヴォ」は最前線に位置し、得点を取ることが主な仕事でボールをキープから味方にパスし、ゴールにつなげるプレーも求められます。

Related Articles

0 Comment