様々なルール

守備側のチームが、キックイン、コーナーキック、フリーキックやPKを行う地点から5m以上離れなければならないという「5mルール」。キックイン、ゴールクリアランス、コーナーキック、フリーキックはそれを行う選手がボールを保持してから4秒以内に行わなければならないという「4秒ルール」。自陣でゴレイロがボールを保持した場合もこのルールは対象になります。
「退場」を命じられた選手は、以降その試合に復帰することも、ベンチにいることも許されません。退掲の後、プレーイングタイムで2分間経過するか、相手チームの得点が決まった場合、交代要員から選手を補充できます。「第2PK」とは、前後半それぞれ、累積ファウル6つ目から、相手チームに第2ペナルティーマークからの壁なしの直接フリーキックが与えられます。
また相手陣内の第2ペナルティーマークよりも前方でファウルを受けた場合、キックの位置は反則のあった地点か第2ペナルティーマークのどちらかを選択できます。また、ゴレイロが保持していたボールを離した後、ボールがハーフェーラインを越える前、または相手チームの競技者に触れられる前に、味方選手からのバックパスのボールを手だけでなく、足で受け取っても「バックパス」の反則となり、相手チームに間接フリーキックが与えられます。

Related Articles

0 Comment