右サイドCKでブロック絡ませる

右サイドコーナーキックがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、ファーポストに⑤、その延長上に③。④は右サイドの奥に立ちます。そこでボールが蹴られる直前に、③は敵②にブロックをかけにいきます。その背後を⑤が回って、④と同じ高さまで下がります。そして、②から④にパスが出します。下りてきた⑤は④のマーカーである敵④にブロックすることで、その背後を④がドリブルで中に持ち出して最後はシュート。フットサルでは相手のコースをふさぐ“ブロック”はフリーの選手を作るために必要不可欠なテクニックです。味方のドリブルのコースを作るため、シュートを打たせるため、フリーランニングを助けるためと様々な場面で必要となってきます。このセットプレーでは、ブロックを2回してからシュートを打っています。まずは、他のパターンと同様に⑤がファーポストから下りてくるところ。ここで③は敵②にブロックを掛けて、⑤へマークにいけないようにします。それから、⑤が今度は自分でブロックをかけます。④はダイレクトでシュートを打っても目の前に敵④が立っているのでコースがありません。ですが、⑤が敵④の前に立ってブロックをすることによって、④は背後のコースを通ってフリーができるようになれば、セットプレーの幅が格段に広がります。

Related Articles

0 Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です