右サイド低い位置からのキックイン

右サイド低い位置からのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。相手デフェンスがマンツーマンではパターンA、ゾーンならパターンBとします。パターンAもBも最初のポジショニングは同じ。右の高い位置にピヴォの⑤が立ち、パスコースには敵がいます。④と③はボールのやや後方に立ちます。そこから、ボールを蹴る前に④が動き出します。マーカーの敵⑤がついてくる。④は⑤のマークの敵②にブロック。④と入れ替わるように⑤がセンターサークルの位置まで下りる。次に、②は逆サイドの③に速いパス。③は⑤にボールを出して縦のスペースへ。⑤とのワンツーからフリーになった③が最後にシュート。パターンBでは、④が前に抜けますが、相手のマークがゾーンなのでついてこない。④はセンターサークルのところで止まって②からボールを受けて前を向く。前を向いた④は右前方の⑤に出して、そのままファーポストまで走ります。⑤がタイミングを合わせてファーの④にパス。最後にフリーで④がシュート。このフォーメーションでは、A、B両パターン共に真ん中のスペースがポイントです。A、Bパターンのどちらにするかは、④のプレーで変わります。④が前に抜けたときに、目の前にいた④のマーク敵⑤がついてくるかどうかで判断します。マークについてきたら④はそのまま右前方まで走り抜けて、⑤をマークする敵②にブロックをかけます。④と入れ替わって⑤が下りて、③のワンツーの壁になります。マークがついてこなければ、④は真ん中のスペースで止まってボールを受けて前を向きます。右前方のピヴォに当てた後にファーまで走って、⑤のパスをシュートします。いずれでも、低い位置でのキックイン時にピヴォへのパスコースが空いていれば、まずはシュートを狙うという意識でいることが必要です。

Related Articles

0 Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です