キックオフからのセットプレイ

キックオフで行うセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。最初に、FP4人が横一列に並んだところからスタート。左サイド③にロングパスのうまい選手を充てるのがポイントです。そして、キックオフで、④が左隣の⑤にパス、と見せかけてスルーし、右サイドの②に前方のスペースに向け走り出す。右サイド奥に走りこんだ②へ、③がロングパス。②は中に折り返し、ファーに詰めた⑤がシュート。試合開始早々で得点できればチームも勢いに乗りその後の流れに大きく影響するためこのプレーはそういう意味で非常に重要なプレーとなります。キックオフでは、隣の選手にパスして後ろに下げるのが通常ですが、自陣でプレーすると相手にプレスをかけられることもあるので、失敗も覚悟の上といったぐらいの気持ちでまずは前にボールを蹴るというこのプレーは十分トライする価値があります。FPの4人が横一列に並んだところからスタートします。③が左の選手にパスをしたら⑤はボールに触らずスルー。すると左サイドの③に注意が集るので、そのスキに右サイドの②が相手の裏を取って走り出します。③はコーナースポットの方向でペナルティーエリアの少し右に落とす位のイメージで浮き玉で蹴りましょう。⑤はファーに頑張って走って、②からの折り返しのボールをもらって最後はシュート。④は失敗したときのために自陣に戻ってカバーリングのポジションを取っておくのも大事なプレーになります。

Related Articles

0 Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です