ウォーミングアップでやること

みんなでできるメニューでチームに一体感を生もう試合前のウォーミングアップとして、簡単なメニューで体を動かすワンデイではポールを使える時間もスペースも限られているので、アップメニューも簡単なものに絞られる。限られた時間を有効に使う。ウォーミングアップは基本的にはみんなで声を出すメニューを行います。ポイントは“みんな””でやること。ワンデイでは7′””;プのスペースが十分にあるわけではないので、コートの外をみんなで走ったり、声を出しながらブラジル体操をしたりするのが効果的です。アップをする最大の理由は試合前に心肺機能を一度”あげて“、1試合目から100%でプレーできる状態に持っていくこと。1試合の30分前ぐらいに集まって、アップをしてから試合に臨みましょう。ピッチ(半面)でボールを使ってアップができるときは、3対2や4対2、同枚数のパスゲームやミニゲムをするのがオススメです。シュート練習が一般的ですが、闇雲にシュートを打っても効果が薄いので、必ずDFを1人つけて、ドリプルでかわして~、ワンツーでかわして~と試合に近い状況で行います。

Related Articles

0 Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です