ポジション取り

ゴール前とポールサイドのスペースを空けてしまうので、ピヴォにはついて行かない。ポールを持った選手が中にドリブルをしても、縦にドリブルをしても対応できる位置にいること。ドリフルを仕掛けて来たら、パスコースを切りながら寄せて行く。パスコースがしっかり切れていれば、シュー卜はニアサイドにしか飛ばないので守りやすいワンツーとシュートを止めるためのポジション取りが非常に大事になってきます。

ピヴォがアラからのパスをもらいに下がって行く場合、可能性として「ワンツー」と「ワントラップからシユート」か.考えられる。この時、ピヴォにぴったりついて行ってしまうとワンツーに対応できなくなり、ついて行かないと前を向いてシュートを打たれてしまう。フィクソはこの2つの可能性両方に対応できるようなポジションを取らなければならない。