ピヴォを視野に

マンツーマンというと密着マークというイメージがあるが、そうすることで危険をまねくこともある。その一例がこの局面。サイドに開いたピヴォについて行ってしまうと、ホールを持ったアラがドリブルで突破した時のカバーリングができず、非常に危険な状況に追い込まれてしまう。ここでは、ピヴォを視野に入れつつボールサイドもケアできるような位置にいなければならない。なお、ピヴォへの浮き玉に関しては、寄せる時聞が十分にあるので中央からでも対応できる。