トラップ

フットサルでは敵との間隔が狭いためインサイドトラップでは跳ね返りを狙われてカットされてしまうことが多いです。そこでフットサルでは、足裏を使ったトラップが基本です。体のすぐそばにボールがあるためカットが難しいうえにキープからすぐに足裏で転がすことで360度どの方向にも移動できる。とても大切な基本技術なのでトラップは何度も練習しましょう。フットサルのボールはサッカーに比べて小さくまた重いのでサッカーよりもトラップはしやすいはずです。

トラップと同時にルックアップの意識もつけましょう。イメージとしてはかかとをつけてだが実際はかかとをうかした状態でトラップする。パスが来たらボールと周囲、トラップの直前は足元、トラップしたらまた周りと素早く視点変更できればどんな状況下すばやく判断できます。フットサルでは一つのミスで失点することが多いので足裏トラップが無理ならインサイドでトラップしてボールを止めた方がいいです。

フットサルのボールはあまり弾まないので慣れてくれば吸いつくような美しいトラップができるようになります。桃でトラップするには、トラップする脚を上げボールが当たる瞬間に軌道と同じ方向に足を引きます。インサイドは、ボールの勢いでぶれないように足首にだけ力を入れます。胸でトラップする場合は、ボールが体にあたる瞬間に衝撃を吸収するような感じで胸を引く。うまくいけば自分の真下にボールを落とすこともできます。フットサルのボールはサッカーのボールよりもトラップしやすいので初心者でも比較的楽に上達します。まずはしっかり止めることから始めましょう。